沖縄・北谷町のダイビングショップ クオリアダイブ

TEL:098-926-3911 / E-mail:okinawa@qualiadive.com

ライセンス取得コース・体験ダイビング・スノーケリング・ファンダイビングなど

沖縄本島の北から南まで潜りに行きます♪

 


レスキューダイバーコース

「レスキュー」という言葉の印象は、少しハードルが高いものと感じられるかもしれません…。

でも、これまで経験されてきたダイビングの延長線上にあり、更に海の世界を楽しむために必要なステップアップだと思います。

レスキューダイバーコースでは自立したダイバーであると同時に、他のダイバーの緊急時にどのように対応すべきかを学び、実技の練習を行います。

 

安心して安全にダイビングを楽しむために必要なのは、トラブルを未然に防ぐための知識と、トラブルが発生した際に対処できるスキル。

 

このコースを修了された時には、成長された自分に自信を持っていただけると思います☆彡

 


 ■参加条件:

  ・SNSIアドバンスドオープンウォーターダイバーコースの認定を受けた16歳以上のダイバー。

  ・SNSI BLSDファーストエイドとSNSI 酸素サプライヤーの認定を受けていること。
   又は他の承認された指導団体から上記と同等の認定を受けていること。

 ■認定条件:

  ・少なくとも18回のダイビング経験が必要。

 



レスキューダイバーコース概要

 

【学科セッション】

1.緊急事態を防ぐ

 ・不安、ストレスとダイビング

 ・ダイビングの計画をたてる  など

2.ダイビングに関連する病理

 ・環境条件に関連する病理

 ・高分圧呼吸ガスに関する病理 など

3.レスキューダイバーのスキル



【実技セッション】

■スキルの復習

 ・マスクの脱装着 ・レギュレーターリカバリー

 ・フィンピボット ・空気のシェア  など

■セルフレスキュー

 ・バディとマスクの交換

 ・バディとスクーバ器材の交換

 ・マスク無しスイム  など

■バディを助ける

 ・水面でバディを曳航 ・サーチパターン

 ・水面/水中でパニックダイバーのレスキュー など

■レスキュー

 ・水面/水中での無反応ダバーのレスキュー

 ・無反応ダイバーとエキジット  など

 



コーススケジュール(サンプル3日間)

 1日目 

ホテル:お迎え

クオリアダイブに移動:オリエンテーション、学科講習

プールに移動

 スキルの復習

 レスキュースキルの基礎練習

2日目

ホテル:お迎え

海洋実習地に移動

 セルフレスキュー

 バディを助ける

ディブリーフィング、ロギング

3日目

ホテル:お迎え

海洋実習地に移動

 レスキュー

ディブリーフィング、ロギング

※ 那覇空港への到着が午前中の場合、到着日の午後からご参加いただけます。

※ コース修了までに追加ダイブが必要な場合には別途料金が必要になります。

 



■ 料金 ■

 55,000円(税別)/ 3日間

 ※ 料金に含まれるもの

   コース指導料、教材費、ライセンス申請代

   施設使用料

 ※ 料金に含まれないもの

   必要な追加ダイビング代

   旅費、食費

■ 持ち物 ■

 Cカード、ログブック、ダイビング器材、水着、バスタオル、

 ビーチサンダル、筆記用具、教材、ライセンス申請用写真(デジタルデータ可)


クオリアダイブが活動の登録をしている指導団体はSNSIというイタリアで創設された団体で、2017年に日本に上陸した日本のダイビング業界の中では最も後発な団体です。 

 

これまで既存の他の団体での活動をしてきたことを踏まえ、それぞれの良さを活かしながら、みなさまに安心してダイビングを楽しんでいただけるように取り組んでいます。 

 

SNSIは質の高いトレーニングと、ダイナミックで最先端の教育システムが特徴です。

 

レスキューダイバーコースで使用する動画(1)をご覧ください。


下記のページからレスキューコースに関する動画をご覧いただけます。



無料で始めよう

スマートフォンやタブレットをお持ちなら、無料のSNSIアプリ「MediahHub」をダウンロードしましょう。

 

無料アプリから、アドバンスドダイバーになる学習準備を始められます。

購読は必要ありません。

 

アプリ内購入もありません。